賃貸契約の仲買手数料が無料になる仕組みとは

>

仲買手数料無料の仕組みを教えます!

仲買手数料とは

物件を借りる際に、仲買手数料という言葉を当たり前のように耳にするかと思います。
しかしそもそも、この手数料とは一体どのようなものなのでしょうか。
どのような時に発生するのかというと、賃貸契約をする際に不動産業者に対して支払うこととなります。
貸主と借主の間に入って契約のお手伝いをしてくれて、その対価として発生する料金といった意味合いを持ちます。

料金の相場は、大体家賃の1か月分くらいとなっています。
仲買手数料とは、物件紹介に始まる物件選びから、契約書作成、物件の引き渡し業務など契約完了に至るまでの必要な手続き全てを行ってもらうことへの対価です。
つまり、面倒な作業を代行してもらう「サービス料」とも言えるでしょう。

仲買手数料がある方が良い場合も?

仲買手数料無しにこだわりすぎると、物件の選択肢が狭まることにもつながります。
詳細な希望がある方や、物件に対する強いこだわりがある方にとっては、必然的にその分母が大きくなるので、手数料有りも含めて検討した方がより多くの物件を検討することができるようになります。

また、物件探しから入居まできちんとサポートしてもらいたいう方にとっては、あえて仲買手数料が必要な物件を選ぶことも一つの方法です。
なぜなら、仲買手数料無料サービスを行っている不動産業者は手数料をお客様から頂かない分、会社の利益のためにより多くのお客様を対応しなければならないからです。
そのため、こだわりの条件から物件を時間をかけて吟味したいとなると、丁寧な対応を期待する事が難しいこともあるでしょう。


この記事をシェアする

TOPへ戻る