賃貸契約の仲買手数料が無料になる仕組みとは

>

無料にすることでどういったことがあるのか?

貸主にとってのメリット

当たり前のようですが、貸主にとっては空室になるとその家賃収入が得られません。
なので、なるべく早く自身が所有している部屋の借主を見つけたいと考えます。
そのための一つの手段として、貸主自身が不動産業者に仲買手数料を支払って、すぐに入居してもらう人を見つけてもらうといった方法が考えられるのです。

例えば数か月間空室にしたままにしておくよりも、貸主自身が、本来借主が支払うべき1ヶ月分の手数料を負担した方が良いのです。
「仲買手数料無料」といったフレーズを掲載した広告は、物件を探している人の目につきやすくなるため、早めに借主が見つかる可能性が高まります。
それでたった1ヵ月の空室で済むのであれば、その先の家賃収入のことを考えるとメリットが大きいと言えますよね。

広告料について

これまでは不動産業者が借主から仲買手数料を受け取り、一方でも別に貸主からも広告料として同様の金額を受け取るといったケースが多々ありました。
しかし、名目として「広告料」であっても実質的に仲買手数料と変わらないことも言われていました。
このようなことが法のグレーゾーンであるというような認識も広まってきたため、それを改めようとする動きも相まって、仲買手数料について見直される流れになってきています。

さらには、IT技術の進歩により、不動産業者における業務の効率化が進んだことも関係しているようです。
これはつまり、業務効率化により例えば人件費の削減につながったりすることで、仲買手数料を得なくてもその利益が出せるようになるということです。


この記事をシェアする

TOPへ戻る