賃貸契約の仲買手数料が無料になる仕組みとは

>

注意点はあるの?

仲買手数料の物件を選ぶ際の注意点

貸主が早く物件を貸し出したいために仲買手数料を無料にしている場合には、あまり人気がない物件であることも考えられます。
例えば古い物件であるということ、駅からの距離、日当たりなど、何かしらマイナスの理由がある場合の考慮しておかなくてはなりません。
しかし単に入居者が入りにくい時期ということもありますし、誰かにとって訳アリ物件だとしても、自分にとっては問題ないこともあるでしょう。
興味のある物件があれば、思いきって仲買手数料無料の理由を不動産会社にはっきり聞いてみると、良いかもしれませんよ!

あとは、手数料無料だからと言ってすぐに決めてしまうのもよくありません。
何年そこに住み続ける予定なのか、家賃の相場なども考慮しながら、結果的に本当にその物件にすることがメリットの大きいことなのか、しっかり考えてみてくださいね!

他にもお得な条件がある?

賃貸契約時の初期費用について言えば、仲買手数料以外にも敷金や礼金などがあります。
「敷金・礼金ゼロ」を売りにした物件も多数ありますし、選択肢のひとつとしても良いでしょう。
また、入居当初の数ヶ月間の家賃を無料にするといった、フリーレントというシステムを取り入れている物件も最近増えています。
その他、初期費用を分割払いにしてくれたり、初期費用のクレジットカード払いに対応していたりといったサービスもあります。

これらはすべて、初期費用の負担を抑えて借主が入居しやすくするためものです。
しかしその反面、月々の家賃が相場より高めに設定されているといった場合もあります。
周辺の家賃相場などは、今やインターネットなどですぐに調べることができますので、契約時の費用だけではなく、入居後の家賃負担についても十分にも考えて見極めることが大切です。


この記事をシェアする

TOPへ戻る